ゴンドラに乗ろう!
Let's ride a gondola      
 登録済  登録済  エラー
このエントリーをはてなブックマークに追加

エリア:サンマルコ広場周辺   楽しみ方 ジャンル: 散歩・散策

写真ギャラリー(9枚)

  • 散歩・散策

ヴェネツィアのシンボル、ゴンドラを深く知りたい!

ヴェネツィアに来たとき出会うのがゴンドラ。運河を行き交う細長いカヌーの形をした黒い小舟はいまやツーリストの観光スポットのひとつ。かつてゴンドラは富豪の移動手段として使用され、冬場や夜には寒さをしのげるように窓付きの小さな小屋が付けられていた。現在では風景の妨害のため使用されずエレガントな椅子が置かれており優雅な雰囲気になっている。毎日のように運河を行くゴンドリエーリはとても陽気で、ツーリストにヴェネツィアの歴史を語ったり歌を歌ってくれたりする。ヴェネツィア旅行に欠かせない誰もを魅了するゴンドラを是非乗ってみよう。ただし値段の交渉は乗船前にしっかりとしよう。人にもよるので見分けるのもコツ。

http://www.gondolavenezia.it/homeng.asp

ゴンドラの構造

長さ11m、重さ600kg以上で左側が右側より24cm幅広く造られており、制作に1年かかる。8つの異なる木材の種類と280のパーツから出来ている。

①船首 "fèro"

”S”の形をしたメタルの船首は衝突の防御でもあり、その形は大運河の流れを、前側の6つの歯はヴェネツィアの6つの区域(サンタ・クローチェ、サン・ポーロ、カンナレージョ、カステッロ、サン・マルコ、ドルソドゥーロ)、後側の歯はジュデッカ島、最上部のアーチはリアルト橋を表している。

②船尾 "risso"

衝突を防ぐために付けられたエレガントなメタル装飾。"fèro"より小さい。

船内

ヴァラエティーな内装はどれもエレガントな造り。

装飾

金を施した美しい装飾はゴンドラをさらに魅了させる。

乗り場と料金

乗り場の目印に"Servizio Gondole"と看板がでている他、カッレでもゴンドリエーリが客引きをしている。主な乗り場としてサンタ・ルチア駅(サン・シメオーネ)、リアルト橋(リーヴァ・カルボン)、サン・マルコ広場(モーロ)などがある。最も一般的なコースはサンマルコ広場からリアルト橋を通る約40分のコース。

料金(めやす):40分 €80
        60分 €120

*上記の料金を参考にし、高めに聞かれたりしたときなど、他のゴンドリエーレにトライするのがポイント。




近隣情報

  • すべて
  • 観光スポ..
  • ホテル予約
  • 現地発ツ..
  • グルメス..
  • ショッピ..
  • ヴェネツ..
エリア
サンマルコ広場周辺
marker 目的地
ゴンドラ出発点。

動画で紹介